病院概要

内藤病院の紹介

当院は、花畑駅や久留米駅から徒歩圏内の救急告示病院です。
急性期病院・がんの専門病院として、消化器をメインとした急性期医療や「がん」の予防から治療までトータルケアを行っております。

【画像】外観

内藤病院 基本情報

所在地830-0038 福岡県久留米市西町1169-1
TEL/FAXTEL:0942-32-1212 FAX:0942-37-0262
病床数一般病棟(90床/地域包括ケア病床49床含む)
診療科目消化器内科
消化器外科
呼吸器内科
呼吸器外科
糖尿病内科
内分泌内科
循環器内科
腫瘍内科
肛門外科
腫瘍外科
リハビリテーション科
麻酔科
職員数約140名(うち常勤医師8名)
その他DPC対象病院
救急告示病院
開放型病院
福岡県子育て応援宣言事業所
外来診療時間月曜日~土曜日
<診療時間>
【平日】9:00 ~ 17:30
【土】9:00 ~ 12:30

施設基準

入院基本料及び厚生局長への届出事項

  • 急性期一般入院料2
  • 地域包括ケア病棟入院料1
    • 看護職員配置加算
    • 看護補助体制充実加算3
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1 区分:25対1
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 療養環境加算
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 医療DX推進体制整備加算
  • 医療情報取得加算
  • 認知症ケア加算2
  • 在宅療養支援病院
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合診療料
  • 薬剤管理指導料
  • がん患者リハビリテーション料
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 開放型病院共同指導料
  • 地域連携診療計画退院時指導料(Ⅱ)
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん治療連携指導料
  • 機能強化加算
  • データ提出加算2(ロ)
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 医科点数表第2章第10部の通則16
  • 医科点数表第2章第10部の通則5及び6
  • 無菌製剤処置料
  • 外来腫瘍化学療法診療料1
    • 連携充実加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 後発品医薬品使用体制加算1
  • ニコチン依存症管理料
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
  • 協力対象施設入所者入院加算
  1. 厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法に係る基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱについては以下の通りです。
    • DPC標準病院群  基礎係数    1.0451  機能評価係数Ⅰ 0.1296

               機能評価係数Ⅱ 0.0427  救急補正係数  0.0094

  2. 入院時食事療養(1)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。
  3. 「特掲診療料の施設基準」(平成18年厚生労働省告示第94号)により該当する手術の実施件数は以下のとおりです。
    • 令和5年1月1日から令和5年12月31日の間における手術の実施件数
区分2肝切除術1件
区分4腹腔鏡下胆嚢摘出術14件腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術7件
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術4件腹腔鏡下胃切除術4件
腹腔鏡下結腸切除術
(小範囲切除、結腸半側切除)
3件腹腔鏡下虫垂切除術3件
腹腔鏡下直腸切除・切断術1件胸腔鏡下肺切除術1件

保険外負担に関する事項

1.当院では、以下の項目について、実費の負担をお願いしています。
 証明書代(消費税込)1通につき550~11,000円
 冷蔵庫代(消費税込)1日につき110円
 その他 詳細は医事課もしくは看護師におたずねください。

2.入院期間が180日を超える入院
 入院医療の必要性は低いが患者様の事情により長期にわたり入院される患者様については、
 180日を超えた日以後の入院料及びその療養に伴う世話その他の看護に係る料金として1日につき、
 入院基本点数の15%に消費税10%を加算した額を徴収いたします。
 (1点を10円とし、難病患者等は除く)
 詳細は医事課におたずねください。

入院料区分基本点数基本点数の15%ご負担金(消費税込)
一般病棟
入院基本料
急性期21,644点2472,717円
特別入院料612点921,012円

3.特別の療養環境の提供(差額室料)

 (4階病棟 急性期一般入院料2)※消費税(10%)

種別室料額/日病室番号
個室特A16,500円406
特B11,000円304 405
特C8,800円403 404
2人部屋3,300円407
4人部屋1,100円401 402 408 409 412

 (5階病棟 地域包括ケア病棟入院料)※消費税(10%)

種別室料額/日病室番号
個室特A16,500円506
特B11,000円505 604
特C8,800円503 504
特D3,300円510 511
2人部屋1,100円507

診療科紹介

病院指標

一部の入院患者さんに向けて診療群分類包括評価(DPC)で医療費を計算しております。

DPCとは?

DPC制度は、日本独自で導入された急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括制度のことです。

当院は平成23年4月よりDPC対象病院となっております。

在院日数、患者数、年齢の考え方

在院日数の考え方初回の入院開始日から最終的な退院日までとする。
患者数の考え方一連の入院を1カウントとし集計。
(一般病棟とそれ以外の病棟を組み合わせた入院も一連であれば一入院とする)
年齢の考え方初回の入院開始時点のものとする。

DPC対象となる方

  1. 医科保険適用患者で、一般病棟(当院では4階病棟)の入院患者さん

DPC対象外の方

  1. 自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さん
  2. 一般病棟を一度も使用しなかった患者さん等 (当院では5階病棟 地域包括ケア病棟のみに入院された患者さん)

DPCデータによる全国統一の定義と形式に基づいた指標

令和4年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数--14113550142336309129

令和4年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代以上の患者様が全体の89%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
06007XXX9905XX膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 5あり
4410.29557.7070.6364
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
284.42862.64072.3929
060035XX99X6XX結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり
2011.954.44063.8
060020XX9900XX胃の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし
1712.235311.120.058874.4706
060040XX99X6XX直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり
17164.38074.8824

胃癌や大腸癌などの消化器癌における早期癌に対する内視鏡治療、進行癌に対する外科治療では、低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行っています。
進行癌術後および再発癌に対する化学療法をおこなっています。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
234.132.64072.1
160690XX99XXXX胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし1836.0620.090.055680.67
050130XX9900X0心不全 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし 
他の病院・診療所の病棟からの転院以外
1736.8817.540.117687.9412
110310XX99XXXX腎臓又は尿路の感染症 手術なし1441.1413.610.142987.7143
060050XX99000X肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし 
副傷病なし
1217.838.280.083381.25

大腸ポリープ、早期大腸癌に対して積極的に内視鏡治療を行っています。高齢者の患者様が増加しており、心不全や尿路感染症の治療も行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌---2417
大腸癌--25--17
乳癌--2317
肺癌--17
肝癌-2617

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

各種再発がんに対して、患者様それぞれの病状に応じた様々な化学療法・免疫療法を積極的に行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症---
中等症2734.814883.1111
重症
超重症
不明

市中肺炎は減少傾向にありますが、80~90歳代の方の誤嚥性肺炎が増加しており、重症化率も高くなっています。

急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となるため、
当院では、理学療法士による呼吸器リハビリテーションや運動療法を行っています。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内----
その他

脳梗塞の患者数は少数となっています。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリ療法を実施しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)281.89292.3929073.6071
K688内視鏡的胆道ステント留置術145.1411.500.1469.5714
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術

胃癌や大腸癌などの消化器癌における内視鏡治療や外科治療を行っています。その他、低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行い症例数が増加しています。加えて、胆管炎や胆石・胆嚢炎などの胆道系疾患に対する内視鏡治療、腹腔鏡手術も積極的に行っています。

内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)243.292.580.0073.375
K6152血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)
K654内視鏡的消化管止血術
K7212内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K6531内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜)

胃・大腸のポリープ、早期癌に対して積極的に内視鏡治療を行っています。外科的追加切除が必要な症例に関しては外科と連携し、低侵襲の腹腔鏡手術を行っています。肝細胞癌に関しては塞栓術を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる--
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる--

適切な治療を行うことができています。

更新履歴2023/9/26令和4年度 病院指標を公開

令和3年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数---131356158345347125

令和3年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代から80代の方が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科


DPCコード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
160690XX99XXXX胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし2534.2819.340.0484.64
03001XXX99X0XX頭頸部悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 なし
2433.166712.140.166772.0417
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
243.8752.65074.625
060035XX99X6XX結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり
224.72734.54065.5909
040040XX9900XX肺の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし
2127.38113.120.190573.1905

胃・大腸の早期がんに対する内視鏡治療から、進行がんに対する外科治療を行っています。
外科治療に関しては、低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行っています。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術233.222.650.043573.8
050130XX9900XX心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし2232.6817.350.045590.41
040081XX99X0XX誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし1536.6020.570.266784.1333
110310XX99XXXX腎臓又は尿路の感染症 手術なし1333.8513.140.076980.6923
130100XXXXX40X播種性血管内凝固症候群 手術・処置等2 4あり 副傷病なし1334.3125.510.153880.1538

あらゆる臓器の化学療法を行っています。
大腸ポリープ、早期大腸癌に対して積極的に内視鏡治療を行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌-----3817
大腸癌-----7217
乳癌-1417
肺癌---3717
肝癌--1717

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

各種再発がんに対して、患者個々の病状に応じた様々な化学療法・免疫療法を積極的に行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症---
中等症1937.0481.63
重症---
超重症
不明

市中肺炎は減少傾向にありますが、80~90歳代の方の誤嚥性肺炎が増加しており、重症化率も高くなっています。
急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となります。
当院では、理学療法士による呼吸器リハビリテーションや運動療法を行い、離床のサポートを行っています。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内----
その他

脳梗塞の患者数は少数となっています。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリが可能となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)201.451.75074.1
K6335ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)130.545.31069.8462
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)1031.5029.900.683.4
K688内視鏡的胆道ステント留置術-----
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法-----

内視鏡治療も積極的に行い、内視鏡による早期がん治療症例も増えています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる--
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

適切な治療を行うことができています。

更新履歴2022/9/27令和3年度 病院指標を公開

令和2年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数----3580165292307105

令和2年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代から80代の方が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
06007XXX9904XX膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 4あり
216.476198.97083.52381
06007XXX9905XX膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 5あり
2013.658.91070.55
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
202.852.66072
040040XX9900XX肺の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし
1927.2105313.3076.21053
060035XX99X6XX結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり
1618.3754.51062.3125

胃・大腸の早期がんに対する内視鏡治療から、進行がんに対する外科治療(腹腔鏡を含む)を行っています。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060100XX01XXXX小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
243.082.66066.0
110310XX99XXXX腎臓又は尿路の感染症 
手術なし
1326.0813.000.282.31
050130XX9900XX心不全 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし
1046.6017.230.285.9
160690XX99XXXX胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし1039.8018.81078.8
120010XX99X70X卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 7あり 
副傷病なし
--4.24--

あらゆる臓器の化学療法を行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌-----1917
大腸癌-----7717
乳癌-1517
肺癌--3117
肝癌-2317

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

各種再発がんに対して様々な化学療法・免疫療法を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症---
中等症1934.5487.95
重症---
超重症
不明

市中肺炎は減少傾向にありますが、80~90歳代の方の誤嚥性肺炎が増加しており、重症化率も高くなっています。
急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となります。
当院では、理学療法士による呼吸器リハビリテーションや運動療法を行い、離床のサポートを行っています。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
-----

脳梗塞の患者数は少数となっています。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリが可能となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)262.084.770.0471.58
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)1438.4330.710.5776.71
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法1320.089.62065.85
K688内視鏡的胆道ステント留置術114.9113.730.0975.64
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術104.406.20059.30

内視鏡治療も積極的に行い、内視鏡による早期がん治療症例も増えています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

適切な治療を行うことができています。

更新履歴2021/9/18令和2年度 病院指標を公開

令和元年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数--13-4386205327339129

平成30年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代から80代の方が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060100XX01XX0X小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術副傷病なし
373.812.63071.08
060050XX0300XX肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
157.468.03073.33
060050XX97X00X肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
その他の手術あり
手術・処置等2なし
副傷病なし
1412.3510.25074.35
060035XX01000X結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
副傷病なし
1024.415.02072.2
060020XX04X0XX胃の悪性腫瘍内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術
手術・処置等2なし
--8.27--

胃・大腸の早期がんに対する内視鏡治療から、進行がんに対する外科治療(腹腔鏡を含む)を行っています。
肝がんに対して、ラジオ波、エタノール注入、血管塞栓治療を行っています。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
0400801499X002肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし手術・処置等2なし
副傷病なし
A-DROPスコア2
3216.3715.173.1287.65
050130XX99000X心不全手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
副傷病なし
3242.1217.7112.584.62
160690XX99XX0X胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
手術なし副傷病なし
2949.2019.406.8982
060130XX99000X食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
副傷病なし
1623.127.426.2572.93
060380XXXXX0XXウイルス性腸炎手術・処置等2なし167.875.39061.43

胃・大腸・肝胆の化学療法を行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行ってます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌---2417
大腸癌---25--17
乳癌-2317
肺癌--17
肝癌-2617

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

各種再発がんに対して様々な化学療法・免疫療法を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症
中等症5513.678.16
重症2642.0786.61
超重症
不明

市中肺炎は増加傾向にありますが、特に80~90歳代の方が免疫力の低下もあり、発症しやすく、重症化率も高いため、入院期間も長くなる傾向となってます。
急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となります。
当院では、理学療法士による呼吸器リハビリテーションや運動療法を行い、離床のサポートを行ってます。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
-----

脳梗塞の患者数は少数となってます。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリが可能となってます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)391.924.28073.02
K635胸水・再静注法腹水濾過濃縮19910.63062.84
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)147.4233.6457.1478.92
K6152血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)13110.69072.76
K697-31ロ肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの)131.155.53073

内視鏡治療も積極的に行い、内視鏡による早期がん治療症例も増えてます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一121.03
異なる
180010敗血症同一--
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

適切な治療を行う事が出来ています。

更新履歴2020/9/15令和元年度 病院指標を公開

平成30年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数---1937123272340323118

平成30年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代から80代の方が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060100XX01XX0X小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし
602.552.67069.26
060050XX0300XX肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 
手術・処置等1 なし 
手術・処置
267.578.22074.5
060050XX97X00X肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 
その他の手術あり 
手術・処置等2 なし 
副傷病なし
1318.2310.42074.92
060020XX04X0XX胃の悪性腫瘍 
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし
108.98.52068.1
060160X001XXXX鼠径ヘルニア(15歳以上) 
ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等  
1010.94.96073.2

胃・大腸の早期がんに対する内視鏡治療から、進行がんに対する外科治療(腹腔鏡を含む)を行っています。
肝がんに対して、ラジオ波、エタノール注入、血管塞栓治療を行っています。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
0400801499X002肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 
手術・処置等2 なし 
副傷病なし 
A-DROP スコア2 
2727.0715.1714.81%87.33
06007XXX99040X膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 手
術・処置等2 4あり 
副傷病なし 
258.289.9075.12
060040XX99X60X直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 
手術なし 
手術・処置等2 6あり 
副傷病なし
214.234.33060.61
040040XX9900XX肺の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし 
2032.8514.5820%77.15
060380XXXXX0XXウイルス性腸炎 
手術・処置等2 なし
196.735.43054.21

胃・大腸・肝胆の化学療法を行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行ってます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌-----2617
大腸癌---24-4817
乳癌5717
肺癌4517
肝癌-5317

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

各種再発がんに対して様々な化学療法・免疫療法を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症
中等症3519.7483.8
重症---
超重症---
不明

肺炎は、80~90歳代の方が免疫力の低下もあり、発症しやすく入院期間も長くなる傾向となってます。
また、高齢者は誤嚥をきたしやすく、肺炎の発症リスクが高まっています。
急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となります。
当院では、理学療法士によるリハビリや健康運動指導士による集団体操を行い離床のサポートを行ってます。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
-----

脳梗塞の患者数は少数となってます。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリが可能となってます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)621.662.56069.85
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法2331.2616.8613.04%68.17
K697-31ロ肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの)2214.72073.36
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)1317.4622.6953.84%76.53
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)136.4630.2338.46%74.84

内視鏡治療も積極的に行い、内視鏡による早期がん治療症例も増えてます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる

術後の合併症が発生しているが、適切な治療を行う事が出来てます。

更新履歴
2016/10/01平成27年度 病院指標を公開
2017/09/26平成28年度 病院指標を公開
2018/09/28平成29年度 病院指標を公開
2019/09/27平成30年度 病院指標を公開

平成29年度

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数---1276125371337244103

平成29年度のDPC対象患者さんの年代別の患者数です。
60代、70代の方が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060050XX0300XX肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 
手術・処置等2 なし
206.98.43072.65
060050XX97X0XX肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 
その他の手術あり 
手術・処置等2 なし
2011.911.44080.75
060245XX97XXXX内痔核 手術あり1912.155.71064.10
060330XX02XXXX胆嚢疾患(胆嚢結石など) 
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
--6.64--
060235XX97XXXX痔瘻 手術あり--6.23--

肝疾患、痔疾患の方が多くなっていました。
肝腫瘍に対し、マイクロ波・ラジオ波を用いた治療も取り入れてます。

内科

DPC
コード
DPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060035XX99X60X結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり 
副傷病なし
3115.164.47068.93
060060XX99X3XX胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 3あり
295.557.78072.55
060040XX99X60X直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 6あり 
副傷病なし
2410.704.38060.25
060050XX99X00X肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 
手術・処置等2 なし 
副傷病なし
2428.089.908.33%75.12
060020XX99X7XX胃の悪性腫瘍 手術なし 
手術・処置等2 7あり
234.527.98059.52

胃・大腸・肝胆の化学療法を行っています。
化学療法の治療は消化器、肺、乳房、腎臓等幅広く行ってます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌6317
大腸癌---34-9017
乳癌7917
肺癌3117
肝癌--7517

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

癌の中では大腸癌が多くなっていました。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均在院日数平均年齢
軽症
中等症2826.5780.96
重症---
超重症---
不明

肺炎は、80~90歳代の方が免疫力の低下もあり、発症しやすく入院期間も長くなる傾向となってます。
また、高齢者は誤嚥をきたしやすく、肺炎の発症リスクが高まっています。
急性期治療が経過した後は、ADL低下を防ぐために離床のサポートが必要となります。
当院では、理学療法士によるリハビリや健康運動指導士による集団体操を行い離床のサポートを行ってます。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
-----

脳梗塞の患者数は少数となってます。
入院中・退院後は外来通院にて、理学療法士によるリハビリが可能となってます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)700.582.62067.95
K7434痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術)221.9513.59064.54
K697-31ロ肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(2センチメートル以内のもの)(その他のもの)2015.05072.65
K6152血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)173.528.64080.47
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)1538.436.1340%81.53

内視鏡治療も積極的に行い、内視鏡による早期がん治療症例も増えてます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

術後の合併症が発生しているが、適切な治療を行う事が出来てます。

更新履歴
2016/10/01平成27年度 病院指標を公開
2017/09/26平成28年度 病院指標を公開
2018/09/28平成29年度 病院指標を公開

かかりつけ医について

当院はかかりつけ医として
相談・紹介などを行っています

  • 必要に応じて「専門医・医療機関」をご紹介します
  • 健康診断の結果などについて、健康管理の相談へ対応します
  • 介護保険や福祉サービスの相談をお受けします
  • 他で処方されているお薬の内容を確認し、必要な服薬管理を行います
  • 夜間、休日の緊急時の問い合わせへの対応を行っております
    ※診察時間外に受診される場合は、来院される前に病院へご連絡ください
    (TEL:0942-32-1212)

医療法人 松風海 内藤病院

★福岡医療情報ネットにて近隣の医療機関の情報が検索できます

施設との連携について

連携する施設にて療養行っている患者さんの病状急変時に診療、入院受入れの対応を行っております。

連携している施設

  • 特別養護老人ホームすみれ
  • 久留米総合病院付属介護老人保健施設
MENU