睡眠時無呼吸症候群イメージ

睡眠時無呼吸症候群の取り組み

毎日きちんと睡眠を取っているはずなのに、なぜか日中眠かったり、気がつくと眠って
しまっていたことはないでしょうか?
一生の内のほとんどの時間を占める睡眠。睡眠障害は、健康に大きな影響を及ぼします。
その障害のひとつが、睡眠時無呼吸症候群です。

内藤病院の睡眠時無呼吸症候群とは

 板井 典朗,呼吸器内科,金沢医科大学医学部卒業,日本呼吸器内視鏡学会専門医,日本医師会認定健康スポーツ医,日本呼吸器学会

 

睡眠時無呼吸について

睡眠時無呼吸イメージ1睡眠中に10秒以上の呼吸停止が、1時間あたり5回以上ある状態を「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)といいます。
「いびきをかいてよく眠っている」と云われますが、実はいびきをかいているときは余りよく眠れていないことが多いのです。脳波を分析してみますと、いびきをかいているときは睡眠が浅く、体の疲れが取れるような深い睡眠は得られていません。いびきは舌や咽喉の筋肉の緊張が取れて、空気の通り道が狭くなって発生しますが、咽喉が完全に塞がってしまうと無呼吸になるわけです。
睡眠時無呼吸症候群の患者さんの多くはいびきをかきます。また、深い睡眠が得られないことから、昼間に眠気が強い、集中力が低下する、体がだるい、朝の目覚めがすっきりしない、といった症状があります。そして夜間の酸素不足がひどいと不整脈をおこしたり、心不全の原因になります。

睡眠時無呼吸イメージ21時間あたりの無呼吸が20回以上に達するような中等症~重症になると寿命が短くなり、7~8年後には20%~30%の人が死亡すると報告されています。その死亡原因の多くは、心筋梗塞や脳梗塞です。

SASチェック

あなたは大丈夫?まずは下の問診表でチェック!
当てはまる症状の数字を合計して自己測定点数を出して下さい。

眠くなる状況 決して
眠く
ならない
稀に
眠くなる
左右の中間 いつも
眠くなる
座って読書しているとき 0 1 2 3
テレビを見ているとき 0 1 2 3
人が沢山いる場所で座って何もしていないとき
(会議中など)
0 1 2 3
車に乗せてもらっているとき(1時間くらい) 0 1 2 3
午後横になって休憩しているとき 0 1 2 3
座って誰かと話しているとき 0 1 2 3
飲酒のない状態で昼食後、静かに座っているとき 0 1 2 3
交通渋滞で2~3分止まっているとき 0 1 2 3

自己測定点数は何点でしたか?下の表で診断して下さい。

10点未満 正常 睡眠時無呼吸症候群の可能性は低いと思われます。
10点~13点 正常 睡眠時無呼吸症候群があっても軽症だと思われます。軽症の場合には「体重減少」や睡眠前の飲酒を控える等で軽減や消失することもあります。
14点~16点 中等症 睡眠時無呼吸症候群の可能性が中等程度あります。検査を受けて今後の治療を検討しては如何でしょうか?
17点以上 重症 睡眠時無呼吸症候群の可能性が非常に高いです。積極的に治療を始めましょう。

検査について

当院では、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を行うことができます。ご自宅で簡易に行える検査です。この簡易検査は気流(いびき)モニター酸素モニターのついた小さな検査器具を装着して就寝し、結果を分析することで無呼吸の程度を測定します。器具のつけ方については、当院臨床検査技師が詳しくご説明いたします。検査後は翌日に器具の返却をお願いしておりますが、お持ちいただいたその日のうちにあなたの睡眠時の 無呼吸状態が分かります。気軽にできる検査ですので、自己測定点数が10点以上の方は、ぜひこの簡易検査をおすすめします。詳しくは、当院までお問い合わせください。

当院では検査結果に基づき、いろいろな治療法から患者さんに最も適した方法をお勧めいたします。


治療料金について

簡易検査
(在宅)
1割負担 3割負担
1,000円~1,200円 3,000円~3,500円
※初診と再診では料金が異なりますので、ご注意ください

精密検査 1割負担 3割負担
(1泊入院) 7,460円 27,000円
※精密検査同様に、入院時には1割負担の方は10,000円、3割負担の方は27,000円
 をお持ちいただき、次回受診時に返金させていただいています。
※睡眠薬を希望される場合には、別途料金がかかります。

再精密検査 1割負担 3割負担
(1泊入院) 7,460円 27,000円
※入院時には1割負担の方は10,000円、3割負担の方は27,000円をお持ちいただき
 次回受診時に返金させていただいています。
※睡眠薬を希望される場合には、別途料金がかかります。

治療機器(CPAP) 1割負担 3割負担
(在宅) 1,740円 5,230円
※各個人で治療方法は異なります。