免疫療法イメージ

がんワクチン療法(免疫療法)の取り組み

がんペプチドワクチン療法について

がんペプチドワクチン療法

内藤病院は久留米大学がんワクチンセンターの共同施設として臨床試験に参加しており、各種がん患者さまに対してテーラーメイド型がんワクチン療法行っております。
また当院ではがんワクチン外来を設けており、集学的治療にがんペプチドワクチン療法・免疫療法を加えがんの克服を目指します。(注意:当院で行えない場合は、久留米大学がんワクチンセンターをご紹介することがあります。)

ペプチドワクチンとは?

免疫細胞の中でもっとも進化したタイプが細胞傷害性T細胞(CTL)です。細胞傷害性T細胞(CTL)とそれ以外の免疫細胞との最大の違いは学習能力の有無です。細胞傷害性T細胞(CTL)は学習能力があるので、がん細胞の目印であるがん抗原(ペプチド)をワクチンとして投与することによって覚え込ませることができ、より強力な抗がん作用を誘導することができます。これを応用したのが、ペプチドワクチン療法です。ぺプチドとは、タンパク質の断片のことをいいますが、本臨床試験では9~10個のアミノ酸からなる人工的に合成したペプチドを用います。使用するペプチドは久留米大学がんワクチンセンターとの共同研究で用いられる多数のがんペプチドワクチンを用います。がんペプチドワクチンは、がん細胞に特有のペプチドを患者さんに注射し、患者さん自身の持っている免疫の力を高めてがんの増大を抑えることを目指して開発された薬剤です。このようなペプチドワクチンにより賦活化された細胞傷害性T細胞(CTL)は、その抗原をもつがん細胞だけを攻撃し、正常細胞は傷害しないことから、ペプチドワクチンが、副作用の少ないがんの治療法として期待されています。

がんペプチドワクチン療法の効果

久留米大学がんワクチンセンターの研究により、がんワクチン投与後のがん患者さんの血液から採取したT細胞を試験管内で種々のペプチドワクチンと一緒に混ぜて刺激したところ、がんに特異的な攻撃作用を持つキラーT細胞ががん患者さんから誘導もしくは増加することが判明しました。

がんペプチドワクチン療法のテーラーメイドについて

久留米大学との共同研究で行われているがんペプチドワクチン療法は、テーラーメイド(オーダーメイド)型です。ワクチン療法前に採血を行い、31種類のワクチン候補に対する抗体価を検査します。テーラーメイドで、固定したペプチドワクチンを投与するよりも、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を効率的に提供することができます。


久留米大学がんワクチンセンターについて詳しく知りたい場合は こちらをクリック(ホームページを開きます)

 内藤 雅康,腫瘍外科,腫瘍免疫,がんペプチドワクチン療法,福岡大学医学部卒業,ハーバード大学 ダナファーバーがん研究所 ドクターフェロー,久留米大学医療センター特命医師(がんワクチンセンター),日本外科学会外科専門医,日本がん治療認定医,緩和ケア研修会修了,米国臨床腫瘍学会,日本外科学会,日本消化器外科学会,日本大腸肛門病学会,日本消化器病学会,日本臨床外科学会,日本癌治療学会,日本癌学会,日本消化器内視鏡学会,癌免疫外科研究会