外科的治療メインイメージ

がん外科治療の取り組み

①がんに対する根治性(病巣を確実に切除すること)

これら3点をバランスよく考慮した治療を提供することが外科医の職務であり、
いずれが欠けても「適切な治療」と呼ぶことはできません。

 
内藤 壽則,消化器外科,腫瘍外科,肛門外科,久留米大学医学部卒業,久留米大学外科非常勤講師,日本医師会認定産業医,日本医師会認定健康スポーツ医,聖マリア病院連携登録医

 

 
久米 徹,消化器外科,腫瘍外科,福岡大学医学部卒業,日本外科学会外科専門医,日本消化器外科学会,日本外科学会

 

 
星野 誠一郎,消化器外科,宮崎大学医学部卒業,日本外科学会 専門医・指導医,日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医・専門医・指導医,日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医,日本大腸肛門病学会 専門医・指導医,日本消化器病学会 専門医,日本がん治療認定医機構 がん治療認定医,日本腹部救急学会評議員,日本臨床外科学会評議員,九州外科学会評議員,インフェクションコントロールドクター,ストーマ認定士,日本内視鏡外科学会

 

 
内藤 雅康,腫瘍外科,腫瘍免疫,福岡大学医学部卒業,ハーバード大学 ダナファーバーがん研究所 ドクターフェロー,久留米大学医療センター特命医師(がんワクチンセンター),日本外科学会外科専門医,日本がん治療認定医,緩和ケア研修会修了,米国臨床腫瘍学会,日本外科学会,日本消化器外科学会,日本大腸肛門病学会,日本消化器病学会,日本臨床外科学会,日本癌治療学会,日本癌学会,日本消化器内視鏡学会,癌免疫外科研究会