細胞療法イメージ

がん細胞療法(免疫療法)の取り組み

通常、健康な方でも1日数千個もの異常細胞が生じているといわれており、ヒトの免疫は常に異常な細胞を監視し排除する働きを行っています。

がんは免疫の監視・排除からくぐりぬけた異常細胞が分裂を繰り返し、それを抑えることが難しくなると発症や進行を食い止められなくなってきます。

細胞療法では免疫の力ががん細胞やウイルスの力を上回るよう、患者さんの血液から取り出した免疫細胞を体外で増殖・強化し、再び体内へ戻してがんを攻撃しようとする治療法です。

患者さん自身の免疫細胞を利用するため、副作用が少ないのが最大の特徴です。

がんの免疫細胞治療に関するご案内

がん治療の選択肢のひとつとして、当院より免疫細胞治療専門クリニックである 医療法人社団滉志会 瀬田クリニックグループ 瀬田クリニック福岡への紹介が可能です。

バナーをクリックいただくと、瀬田クリニックグループ 免疫細胞治療の詳細ページを開きます。

瀬田クリニックグループ

 林田 繁,腫瘍内科,免疫温熱化学療法,東京慈恵会医科大学医学部卒業,日本ハイパーサミア学会認定医,日本温泉気候物理医学会温泉療法医,温泉療法,緩和ケア研修会修了,日本内科学会,日本消化器外科学会,日本癌学会,日本がん看護学会,日本健康心理学会,日本禁煙推進医師歯科医師連盟

 

 
内藤 雅康,腫瘍外科,腫瘍免疫,がんペプチドワクチン療法,福岡大学医学部卒業,ハーバード大学 ダナファーバーがん研究所 ドクターフェロー,久留米大学医療センター特命医師(がんワクチンセンター),日本外科学会外科専門医,日本がん治療認定医,緩和ケア研修会修了,米国臨床腫瘍学会,日本外科学会,日本消化器外科学会,日本大腸肛門病学会,日本消化器病学会,日本臨床外科学会,日本癌治療学会,日本癌学会,日本消化器内視鏡学会,癌免疫外科研究会